小見出し1 〜キーワードから始め、ターゲットに一番訴えかけたいことを記入〜

イメージ左・アフィリバナーリンク

茶色、大きな文字 太字

一番売りたいものをこのH2段落で書いていきます。

改行はなるべ<P>タグを利用しましょう。

狙ったキーワードで検索する人が、何を知りたがっているのかを考えて、その答えをズバリここに書いてあげます。

商品へ誘導するエリアなので、書く内容は、販売ページから気になる部分を拾ってきます。

アフィリリンクへ誘導するひと押しフレーズ
こちら アフィリテキストリンク

小見出し2(例)●●●●●の体験談

キーワードを含め紹介(右より画像)

体験談や口コミなどは販売ページに書かれていたりします。

そのまま使うよりも、こういうことが書かれていますよ!!といった感じで

アフィリリンクに誘導した方が購入率も上がります。

bigの文字です。

bigの太文字です。

文章が少なすぎると、下のバナーが消えたりします。

ある程度のコンテンツを書き込みましょう。記事がかけないと思ったら、しっかりアフィリするプログラムを見てみましょう。思わぬ気付きがあるかもしれません。

画像も上手に利用しましょう。サイトの雰囲気にあった画像があるだけで、キレイなサイトに見えます。

ASPで用意しているアフィリエイトバナーなどを利用してもいいと思います。

体験談はこちら(など) こちら アフィリテキストリンク

小見出し3(例)●●●●● 選ばれている理由

キーワードを含め紹介(左より画像)

その商品が選ばれている理由などを公式サイトから自分なりに解釈して書いていきます。

アピールポイントを独断と偏見で書いていきます。

文章が少なすぎると、レイアウトが崩れます。

ある程度のコンテンツを書き込みましょう。記事がかけないと思ったら、しっかりアフィリするプログラムを見てみましょう。

思わぬ気付きがあるかもしれません。

訪問者の背中を押す殺し文句などを記入
こちら アフィリテキストリンク

小見出し4(例)XXXXXキャンペーン実施中

気付いたことでも・・・

キーワードは意識せず説得力のある記事を書いてください。自分がいいとおもったことは是非かいてみましょう。心のこもった記事がかければ成約率もグーンとアップ

商品の概要も簡単に説明すると良いです。

こちら アフィリテキストリンク

寝かせるテンプレートの概要部分をここにコピペ

新たに考えてもOKです。

時間を考えたら、できる限りはコピペをし、追加程度でキーワードを盛り込んだ文章を書いていきましょう。

この部分は、検索ユーザーというよりも、検索エンジン対策の部分です。

Copyright © タイトル All Rights Reserved.